Japan Radioisotope Association

2019年度 日本アイソトープ協会 シンポジウム

PET・イメージング研究の最前線~ライフサイエンスと理工学の融合~

理工・ライフサイエンス部会では、部会活動の共有や各分野における課題及び最新トピックスの共有、また、関係者間の交流などを目的としたシンポジウムを2年に1回開催いたします。
その1回目となる2019年度は、理工、ライフサイエンス、医療と様々な分野の進展により現場で使われるPETをテーマに、基調講演及び企画セッションを行います。事前のお申込によりどなたでもご参加いただけますので、皆様奮ってご参加ください。

◆チラシは、こちらから

日時 2019年11月22日(金) 13:30-18:10 (受付13:00より)  【申込締切】2019年10月31日(木)17:00
会場
神奈川県 川崎市川崎区殿町三丁目25-13
【鉄道】
京急川崎駅から京急大師線小島新田駅より徒歩15分

【バス】
京急川崎駅から臨港バスで「キングスカイフロント入口」より徒歩5分
(臨港バス:東口バスターミナル16番乗場から「浮島バスターミナル」行き、または20番乗場から「浮島橋」行き (急行・快速))
 ※バスは交通事情等により時間が読めないため、電車にてお越しいただくことをお勧めいたします。

 ※公共交通機関をご利用の上お越しください。自家用車でのご来場はご遠慮願います。
参加費 無料(懇親会:お1人様 3,000円(税込))  ※当日現金にてお支払いください 
定員 100名(事前申込制、定員に達し次第締切) 申込受付中
対象  
主催 公益社団法人日本アイソトープ協会 理工・ライフサイエンス部会
共催
協賛
内容 ○プログラム
   13:00  受付開始

   13:30~ 開会挨拶 勝村 庸介 氏(日本アイソトープ協会 常務理事)
              藤浪 眞紀 氏(理工・ライフサイエンス部会 部会長)

   13:40~ 川崎技術開発センター紹介
             二ツ川 章二 氏(日本アイソトープ協会 常務理事)

   14:00~ 基調講演
        「Atoms for medicine 原子の力を医療に」
         講師 畑澤 順 氏(大阪大学 核物理研究センター)
         座長 米倉 義晴 氏(日本アイソトープ協会シニアアドバイザー)

   15:10~ 企画セッション/討論
          総論
             高橋 浩之 氏(東京大学大学院工学系研究科)

         1.リアルタイムバイオラジオグラフィ法の開発と応用
             佐々木 徹 氏(北里大学医療衛生学部)

         2.核医学とTheranostics -研究開発の実際と課題-
             百瀬 敏光 氏(国際医療福祉大学医学部)

         3.未来PET装置開発 -OpenPETからヘルメットPETまで- 
             山谷 泰賀 氏(量研機構 放射線医学総合研究所)

         4.ラジオアイソトープの製造と応用 ー新元素の探索からがんの診断・治療まで-
             羽場 宏光 氏(理化学研究所 仁科加速器科学研究センター)

         5.PET・多光子計測原理の高度化と可視化装置開発
             島添 健次 氏(東京大学大学院工学系研究科)

○懇親会 モトヤエクスプレス・フォルテにて(同建物内)
        http://kawasaki-lise.jp/motoya_exp.php 
備考  



お問合わせ

公益社団法人日本アイソトープ協会 学術振興部 学術課
Tel:03-5395-8081 Fax:03-5395-8053
gakujutsu@jrias.or.jp
〒113-8941 東京都文京区本駒込2-28-45